大和市で外構工事を見たとき、重機のリズムの心地よさに気付いた

9 10月

大和市で外構工事を見たとき、重機のリズムの心地よさに気付いた

神奈川県大和市は、平野部になりますが中心部以外は田んぼなどが多い場所です。
そのため、どこかの住宅で外構工事を行っているとその音が響き渡ります。
特に、駐車場などを作る時に重機を使う場合には、遠くの方から音が響いてきて非常に心地よい思いをするのはおそらく音楽にかかわっているものだけでしょう。
実際にそのリズムは、ロックバンドに通じるものがあり音楽ロックバンドミュージシャンを志す者にとってみれば非常に魅力的です。

重機が刻むリズムが心地よい

重機を操縦する人は、音楽好きの人が多いのかわかりませんが、独特のリズムで機械を動かしていきます。
おそらく、自動で行えばそのようなリズムが出てきませんが、人間が操作することで独特のリズムが出てくるのがポイントです。
そこで、実際に音楽活動をしていたか聞いたことがありましたが音楽活動している人は今のところ一人まえませんでした。
多くは高校を卒業しあるいは高校中退してから工事現場で働いている人が多く音楽とは無縁の者たちでした。
ただ、小学校や中学校の時には、学校の授業で音楽にかかわっておりもしかしたらそのときの出来事がきっかけで現在のような魅力的な音を出しているのかと考えてしまうほどです。
もちろんそのこと自体は妄想にすぎませんが、全く無縁とは思えないような耳に残る音でした。
実際に操縦している人の趣味は、パチンコやスロットなどで時に女遊びをしている男もいます。
中には、家庭を持っておりまじめな方も少なくありません。

サンプリングして楽曲に組み込めないか

毎日のように遠くの方から重機の音が聞こえてくると、思わずサンプリングしたくなる気持ちが出てきます。
これは音楽の専門家を志する人間の性ですが、実際これで音楽を作ることができたら自称天才になるかもしれません。
ただ、現実的にこれだけでは音楽を作ることが出来ずおそらくかなり時間がかかるでしょう。
そのことを友達に話してみると、笑われることもありますが人によっては良いアイデアといってくれる人もいるに違いないです。
そもそも、仕事のアイデアなどはその仕事以外からといってくることが多く、世の中にはそのようなアイデアで大ヒットした商品も存在しています。
すでに頭の中の想像を膨らませて、インプットさせることにより膨大な量の情報を手に入れることができます。
何かを吐き出すためには、どのようなきっかけでもよいので頭の中に知識などを入れていかなければなりません。
今回はそのようなことを再認識し、もう一度よい音楽を作るためのきっかけになったのが工事現場の重機だったわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です