いつかはダイヤモンドネックレスでプロポーズ!成功に導くBGM選び

4 12月

いつかはダイヤモンドネックレスでプロポーズ!成功に導くBGM選び

僕はまだ大学生なのですが、テレビ番組やドラマなどでプロポーズをしている場面に遭遇すると、僕もいつかはあんな風に結婚するのかなとふと考えるときがあります。
プロポーズは僕の中で、人生の中でトップレベルに位置する大イベントで、別に結婚相手がいるわけでもないのに今から成功するのかどうかドキドキしてしまうこともあります。
世間にはたくさんの夫婦がいて、この夫婦たちはみんなプロポーズを経て結婚したのだと思うと、非常にその重みを感じるものです。

プロポーズにネックレスが流行ってる?!

僕は今までプロポーズと聞くと、男性が女性の前にひざまずいて婚約指輪の入った箱をパカッとあけて結婚を申し込むという流れが一般的なのかと思っていました。
しかし近年では婚約指輪ではなくダイヤモンドネックレスを贈るということがはやっているということを聞きました。
確かに指輪ではなくネックレスであれば、サイズが分からなくても安心して贈ることができるし、指輪とは違って身につけてもらえる機会も多いでしょう。
若いカップルの場合には値段を抑えられるという理由からダイヤモンドネックレス選び、ある程度大人のカップルはダイヤモンドネックレスの方が身につける機会が多いという実用的な理由によって支持されているということです。
しかしプロポーズの際にやはり婚約指輪を期待していたという女性には、後から婚約指輪もねだられる可能性もあり、費用の面でダイヤモンドネックレスを選んだのであれば、さらに費用の負担がかかってしまうなと思いました。

Bruno Marsの「Marry you」はベタすぎ?

ダイヤモンドネックレスであれば、指輪のサイズを確認しなくてもいいことからサプライズもできるでしょう。
プロポーズをする場所といえば家の中や車の中など二人きりになれる場所を選ぶ人もいるかもしれませんが、そんな時にBGMを流せば、よりロマンチックな雰囲気も演出することができ、彼女がOKしてくれる確率も高まりそうに思えます。
成功に導くためのBGMとしては、いろいろなBGMが考えられますが、彼女が好きなアーティストの曲を流すのもよいし、自分の気持ちに合ったものを選ぶのもよいでしょう。
BGMとしてはベタすぎるかもしれないけれども、やっぱりBruno Marsの「Marry you」は外せないのではないかなと感じます。
特にサプライズでプロポーズを考えているのであれば BGMに安はぴったりといえるでしょう。
女性が感じるドキドキする気持ちや感動する気持ちを、さらに高めてくれそうな曲で、聴いているだけで幸せな気持ちになれる曲なので、プロポーズをさわやかに明るく演出してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です